剣道防具を賢く選ぶ|少年剣士の母必見の情報サイト

剣道

それぞれの選び方

試合

剣道の防具である胴を購入する際には素材に注目することが重要となっていますので、それぞれの素材と特徴について知っておくようにしましょう。胴の素材は大きく分けて丈を用いて作られた竹胴と、次樹脂を使って作られた樹脂胴の2つがあります。竹胴は樹脂胴と比べて値段が高いですが、胴の部分に竹が入っており打突を受けた時の痛みが少ないという特徴があります。それに比べて樹脂胴は安価で手軽に購入することができますが、打突を受けた際には痛みを感じます。痛みが少ない防具の方がより良いものという印象もありますが、剣道技術の上達ということを考えると必ずしもそうとは言えません。高品質の防具を装着して一切痛みを感じないと稽古の緊張感が無くなってしまいますが、打突を受けて痛みを感じる防具だと緊張感を持って稽古に取り組むことができます。子どもが我慢強いのか、痛みが苦手なのかなどを見極めて性格に合う防具を購入するようにしましょう。
小手を購入する際に重要なのがサイズで、大き過ぎると握りが弱くなってしまい打突の切れを鈍らせてしまいます。小手を購入する際は必ず試着をして、スムーズに着用が出来て握った時に違和感を感じない程度のサイズにしましょう。小手は他の防具に比べると痛みが激しく、修繕に出す機会も多いので、修繕に出している間に着用するスペアのものを準備しておくと良いでしょう。このように、剣道の防具それぞれに選ぶポイントが有りますので、しっかり把握したうえで子どもに最適なものを購入して、剣道を通じて人間的にも体力的にも成長させましょう。