剣道防具を賢く選ぶ|少年剣士の母必見の情報サイト

剣道

袴と衣の素材

竹刀

子どもに何か習い事をさせたいという場合は、精神と肉体の両方を鍛えることが出来る剣道を選ぶと良いでしょう。剣道は礼儀を重んじる武道で試合の際にも礼に始まり礼に終わるので、子どもが剣道を通じて礼儀を学ぶことが出来ます。また、防具を着用して稽古や試合を行なうため夏などは暑さに耐える必要があるので、忍耐力も身につきます。更に、空手や柔道などと違い体を守る防具を身に着けているので、大怪我をするリスクが低い安全な競技としても知られています。怪我や事故のリスクが無く心身を鍛えて人格を形成することが出来る剣道は、子どもに習わせるのに最適と言えます。子どもに剣道を習わせる際には防具などを購入する必要がありますので、どのようなものを購入すれば良いかを把握しておきましょう。
剣道を始める際に必要なのが防具の下に着用する衣と袴で、始めたばかりの初心者であれば伸縮性のあるジャージ素材のものが良いでしょう。ジャージ素材のものであればお子さんの動きを妨げる事無くしっかりと動くことが出来ます。剣道を始めたばかりのお子さんは防具の動きづらさに抵抗を感じてしまうことも少なくないので、袴や衣は動きやすさを重視して選ぶことが大切です。更に、防具を装着して稽古を行なうため大量の汗をかいてしまいますので、毎日のように袴や衣を選択する必要があります。ジャージ素材のものは速乾性がありますので、毎日の洗濯が非常に楽になるというメリットが有ります。