剣道防具を賢く選ぶ|少年剣士の母必見の情報サイト

剣道

面の選び方を知る

剣道

剣道の防具を購入する際に注意したいのが頭に着用する面で、防具選びに失敗してしまうと技術の上達にも影響を及ぼしてしまいます。面は顔の部分を守る面金の部分が目線と重なるものを購入してしまうと、顎が引けてしまったり顎が浮いてしまったりしてしまいます。このような状態になると鋭い打突を行なうことができなくなってしまうため、一瞬のスキが勝負を分ける剣道では命取りとなっています。特に剣道の基礎的な姿勢や打突フォームを身につける小学生の時期にこのような面を使用すると悪い癖がついてしまい、癖が抜けるのに長い時間を要してしまうようになります。正しいフォームを身につける為にも、面金の物見部分が目線と被らないものを選択して購入するように心がけましょう。
小学校低学年の子どもに剣道防具を購入する際は、今後すぐに体が大きくなることを見越して少し大きめのものを購入すると良いでしょう。面が大きいとぐらついてしまうことも考えられますが、面布団を中に入れて使用することでジャストサイズに調節することができます。小学校低学年の子どもにとって面の打突を受けた時の痛みは非常に大きく耐えられない可能性もありますので、面布団を防具に入れておくことでダメージを軽減することができます。また、面の素材の中には重量があるものを使っているものもありますが、重い面を子どもに着用させると首の発達に悪影響を及ぼす可能性がありますので、出来るだけ軽くて丈夫な素材を選ぶようにしましょう。